大切な感覚があった大井町の出会い

と楽しく先生とやり取りできたこと。

小論文を書いてる時に

[この発想で展開できるの 大井町の出会い

 多分俺だけじゃね?]

という、

小さな小さな高揚感。

あれが僕の中で 大井町の出会い

大切な感覚器官になった。

書いてる時に

気持ちいいときがある。 大井町の出会い
書いているその行為自体が気持ち良くて

あとの展開は

僕の小さな脳みそに任せとけー!って。

あの感覚になるときとならない時がある。

今?

今はあまりなってないな。

この記事はボツ?

ま、まあ、ひとりごとですから。

博多発ののぞみは
大井町の出会い
時速300キロで

新横浜ではなく

新神戸に運んだ。

大井町の出会い

上京できなかった無念なんか

すぐに忘れた。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *